藤原紀香と片岡愛之助が結婚!熊切あさ美から略奪婚成功

昨年の12月から結婚間近といわれ続けていた藤原紀香片岡愛之助が、1月30日にとうとう婚姻届けを提出しました。

片岡愛之助は藤原紀香と交際する以前、熊切あさ美と交際しており、藤原紀香との交際が明らかになった昨年5月には、交際期間のかぶった略奪愛と報道されていました。交際時からケチがついている結婚ですが、大丈夫でしょうか?

こちらでは、藤原紀香と片岡愛之助が結婚!熊切あさ美から略奪婚成功という情報を紹介していきます。

ネットの意見

藤原紀香が支えるなんてムリムリ。
絶対表に出てきたくなるに決まっている!

人を不幸にしてからの幸せは長く続かないと思います…
熊切さん好きではないけどね

千秋も紀香も44才。
若くないけど需要がまだあるっていいじゃないの。

愛之助にはすでに男の子がいるから、紀香のような高齢な嫁さんでも問題無いわけか。

片岡愛之助ってどんな人?

片岡愛之助 結婚

片岡愛之助は現在44歳の歌舞伎役者です。愛称は愛之助からの「ラブリン」と、なかなか可愛らしい愛称をおもちですw

出生が歌舞伎役者の家というわけではなく、実は養子で歌舞伎役者の世界に入った方でもあります。特に長男の身分で歌舞伎役者の家に養子に出るのは珍しい・・・。

最近では、ドラマ「半沢直樹」でのオネエ言葉のエリート官僚役が大当たり。この年は半沢直樹に出演した同じく歌舞伎役者である香川照之に続き、助演男優賞2位を獲得しました。

私生活では、なんと隠し子が居た事があきらかになっています。歌舞伎の世界に弟子入りした頃の子供で、お相手はホステスさんだったとか。弟子入り身でお遊びはご法度ということで隠されていたようです。

また、藤原紀香との交際の際には、熊切あさ美との二股報道もされています。藤原紀香との交際が明らかになった5月には、熊切あさ美が週刊誌やメディアと通じて、片岡愛之助を攻撃。泥沼の破局になってしまいました。

藤原紀香ってどんな人?

藤原紀香 結婚

藤原紀香は現在44歳のモデル・女優です。44歳となると、片岡愛之助と同い年で同世代での結婚です。熊切あさ美から乗り換えた割には同い年なんですね!w

藤原紀香は、歌舞伎役者である片岡愛之助と結婚することにより「梨園の妻」となるとこになります。しきたりの多いといわれる「梨園の妻」ですがちょっと心配ですねw

特に、「梨園の妻」の仕事として一番重要な事は、世継ぎを産む事とされています。藤原紀香の44歳の身では出産は難しいのではないでしょうか・・・。まぉ隠し子がいるから大丈夫なんでしょうかww

また藤原紀香は2006年にお笑い芸人の陣内智則と結婚していた事でも有名ですね。特にホテルオークラ神戸で行われた結婚式はテレビ中継され、関西地区では視聴率が40%ととんでもない数字をたたき出しています。

しかし、みんなに祝われた結婚式も空しく、2009年に陣内智則と離婚。後に離婚の原因は陣内智則の浮気であったことが明らかになっています。

片岡愛之助と藤原紀香の馴れ初め

藤原紀香と片岡愛之助の馴れ初めは、藤原紀香立ち上げたしたNPO、SMILE PLEASEという団体に賛同者という形で片岡愛之助が名前を連ねたことがきっかけです。当時はお互いに別のパートナーがおり、恋に発展することはなく、清く正しい交友関係が続いていました。

片岡愛之助 藤原紀香

しかし、藤原紀香は2014年の10月頃から突然歌舞伎にハマり、ちょくちょく片岡愛之助の楽屋まで足を運ぶようになり、次第に交際関係へと発展したそうです。片岡愛之助のブログにも藤原紀香のことが書かれており、お互いに仲良くやっている雰囲気が感じ取れます。

しかしここで問題となるのが片岡愛之助と交際中であったと言われている熊切あさ美。片岡愛之助からすれば破局していたとのことですが、熊切あさ美は連日メディアで交際関係の継続を訴えていました。

そのため、今回の藤原紀香と片岡愛之助の結婚も、最初からケチがついた形になってしまっています。略奪愛なのか、それとも別れていたのか・・・。どっちにしろ、片岡愛之助が熊切あさ美と綺麗に別れられていれば!・・・もう少し祝福の声も聞こえたのでしょうね。

ダイエットしなければと思っているあなたへ!

男性・女性に関わらず、見た目や健康の為に、ダイエットの必要性を感じている人ってすごいたくさんいると思います。
そんなあなたも、絶対に興味を持っているあの有名なダイエット。
とはいえ、すごく高いし、地域に無いという人も多いはず。ところが、あのダイエットが自宅でリーズナブルな価格でできるようになりました。

いったいどんなダイエットなのか!?
その存在を知っておいて損はないです。

注目!!自宅で本気痩せダイエット!!

外部RSS記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ