乙武洋匡が離婚 離婚理由は5人の女性との不倫よりも、複雑な介護事情?

2016年9月14日、五体不満足の著者である乙武洋匡が、妻ので一般人の仁美さんと離婚したことを発表しました。二人は2001年がつから結婚しており、今年で15年目での離婚になりました。

乙武洋匡は、2016年3月に女性5人との不倫が報道され、これを事実と認めて、何故か妻と共にに謝罪するという異例の対応をとっていました。しかし、離婚原因は不倫問題というよりも、乙武洋匡の介護問題だったようです。

こちらでは、乙武洋匡が離婚 離婚理由は5人の女性との不倫よりも、複雑な介護事情?という情報を紹介していきます。

ネットの意見

家庭を大事にしてるイメージだったけど、
裏の顔もしっかりあったんだなー。

障害があることは特別じゃないと言う人がいるけど、
障害にあぐらをかいた人がこの人だろう。
パラリンピック見に行ってる場合じゃないんじゃないの?

面倒みてくれる女性がいて、家庭があって妻がいて、
いろんなことを思うひとがいるだろうけど事実それでうまくまわってたんだよ。
真実は暴けばいいってもんじゃないんじゃないかな。

みんな勘違いしてるけど、浮気そのものが離婚の直接原因ではないのです。
浮気が発覚して乙武氏が常に家にいるようになったことで、
奥さんの負担が急激に増えたことが原因なのです。

離婚原因は不倫よりも複雑な介護問題

乙武洋匡は3月に5人の女性との不倫問題がスクープされてしまいました。当時自民党からの出馬もささやかれていましたが、不倫問題が明らかになった後、この話も消滅。乙武洋匡はクリーンなイメージが先行していただけにダメージは大きかったようです。

この不倫問題で、異質であったのは、妻の仁美さんが連名で謝罪文を出していたという事。夫の不倫の被害者にもかかわらず、妻が謝罪することに違和感を感じた方も多いはず。しかし、実際に仁美さんには謝罪すべき理由があったんです。

それは、妻は乙武洋匡の不倫を黙認していたという事実。というのも、子供をお風呂に入れて寝かしつけ後に、乙武洋匡のお風呂の介護をするような生活って非常に大変なことなのです。

そういった意味では、妻にとって、乙武洋匡には外で女性を作って不倫でもして、帰ってこない日があったほうが楽なのです。実際に、4月7日発売の週刊文春に「夫の世話から解放される時間が欲しかった」という妻の仁美さんのコメントが掲載されています。

そのため、妻の仁美さんは、乙武洋匡の不倫を見て見ぬ振りをし続けていたわけですね。これらの事を考えれば、「不倫の責任の一端は私にもある」という仁美さんの謝罪文も頷けます。

しかし、不倫報道によって乙武洋匡が不倫を辞めてしまい、家に戻るようになると家庭環境は一変。そして、「疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう。」と妻側から通告され、乙武洋匡を選択することになりました。

ダイエットしなければと思っているあなたへ!

男性・女性に関わらず、見た目や健康の為に、ダイエットの必要性を感じている人ってすごいたくさんいると思います。
そんなあなたも、絶対に興味を持っているあの有名なダイエット。
とはいえ、すごく高いし、地域に無いという人も多いはず。ところが、あのダイエットが自宅でリーズナブルな価格でできるようになりました。

いったいどんなダイエットなのか!?
その存在を知っておいて損はないです。

注目!!自宅で本気痩せダイエット!!

外部RSS記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ