イジリー岡田が再婚 結婚相手は14歳年下のネイリスト!9月23日に結婚予定

イジリー岡田 結婚 再婚

お笑いタレント、イジリー岡田(51)が、7月2日に挙式、9月23日に再婚することが明らかになりました。結婚相手は、14歳年下のネイリストで、perfumeの“かしゆか”こと樫野有香にそっくりな美女(37)だそう。

イジリー岡田はいつもの下品な芸風とは違い、30回のデートを重ねても告白できない純愛から交際をスタート。5年間の交際期間を経てついに結婚ということになりました。

こちらでは、イジリー岡田が再婚 結婚相手は14歳年下のネイリスト!9月23日に結婚予定という情報を紹介していきます。

ネットの意見

どうでもイイけど、再婚って事のほうに驚いた(笑)

イジリー岡田さんって、芸風は下品だけど
素顔はすごい真面目な方って聞いた事があります。

イジリーさんは個人的に大好きな芸人さんです、これからも頑張って下さい。

この人、確かに下品な芸風だったりするけど、ナイーヴで純なところがあるよね。
そういうところ嫌いじゃないなあ。お幸せにね。

イジリー岡田ってどんな人?

イジリー岡田 高速ベロ

イジリー岡田は、ホリプロに所属する日本のお笑いタレント、ものまねタレントです。過去には大人気お色気番組「ギルガメッシュないと」にレギュラー出演しており、自他ともに認める「日本一のエロタレント」のジャンルを確立しました。

あまりにもこのギルガメッシュないとでのキャラが強すぎて、当時は深夜帯のテレビにしか出演できなかったそう。唯一出演があった子供向け英会話番組では、めんどりの着ぐるみで登場し、下ネタは完全封印していたなんて話もあります。

得意なギャグは高速で舌を出し入れする「高速ベロ」。江頭2:50とイジリー岡田による高速ベロ対決の番組企画では、江頭2:50が10秒間に37回に対して、10秒間に71回の記録を叩き出し、見事イジリー岡田が勝利しています。

そんな「日本一のエロタレント」なイジリー岡田ですが、当時は後輩に「下ネタとか、裸になって笑いを取るのは卑怯だ。オレは一生下ネタなんて認めないし、やらない」下ネタ嫌いを公言していたそう。世の中は不思議なものですねw

実は、イジリー岡田は離婚歴があり、今回2度目の結婚となります。前の奥さんとの間には子供もおり、すでに20歳を超えているのだとか・・・。ちなみに離婚原因はイジリー岡田の浮気だそうですw

結婚相手の女性は?馴れ初めなど

イジリー岡田の結婚相手は、14歳年下のネイリストで、perfumeの“かしゆか”こと樫野有香にそっくりな美女。特にたれ目が特徴的だそうで、たれ目好きなイジリー岡田がぞっこんなのだとか。

二人の馴れ初めは、約10年前、彼女が勤務していた会社の忘年会の司会をイジリー岡田が担当していたという事。その際にイジリー岡田が彼女に一目惚れw

後にイジリー岡田は、「彼女は何百人にいる社員の中の1人でしたが、僕の一番好きな笑顔をしていて『独り占めしたい!』と思いました」と語っています。

当時、週刊誌にはデート三回目でキスなんて書かれていたそうですが、実際のところ会う事には積極的だったが、30回会ってもカラオケと食事だけだったとか。下ネタばっかりな芸風の癖に!こういうところでギャップをみせてくるのは、ずるいですよねw

「笑いのツボが同じ」だったことなど相性もピッタリで、5年前の2011年2月ごろから交際開始。昨年末の食事の席で、同席した仲間から「結婚しないんですか?」などと質問攻めされ、「来年します!」と公開プロポーズになったそう。

既に彼女の37歳の誕生日だった今月2日にハワイ州ホノルルで挙式を行っており、イジリー岡田の誕生日である9月23日に結婚届を提出するようです。また後日、東京都内でお披露目パーティーを行うそうです。

不細工で下品なキャラクターでモテない男性から愛されていたイジリー岡田ですが、今回の結婚は51歳での再婚というとんでもない裏切り行為!と変にショックを受けている人も多いようですw

しかしまぁ、逆に考えて、イジリー岡田さんにはモテない男の希望の星として、幸せになっていただきたいなと思っています。結婚おめでとうございます!

ダイエットしなければと思っているあなたへ!

男性・女性に関わらず、見た目や健康の為に、ダイエットの必要性を感じている人ってすごいたくさんいると思います。
そんなあなたも、絶対に興味を持っているあの有名なダイエット。
とはいえ、すごく高いし、地域に無いという人も多いはず。ところが、あのダイエットが自宅でリーズナブルな価格でできるようになりました。

いったいどんなダイエットなのか!?
その存在を知っておいて損はないです。

注目!!自宅で本気痩せダイエット!!

外部RSS記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ